「学会ニュース」カテゴリーアーカイブ

[デジタルアーカイブ学会] 長尾真会長、文化勲章受章

長尾真会長、文化勲章受章決定

当学会設立以来会長としてご尽力いただいています長尾真先生の文化勲章受章が 決定いたしました。
なお、親授式は2018年11月3日に行われる予定です。
長尾先生のご功績は、日本経済新聞 (10月26日) によれば、

長尾真(ながお・まこと)京大名誉教授。情報工学、特に知的情報処理の分野で 世界をリードする独創的な研究成果を上げ、実用化に多大な貢献を果たした。 82歳。

とのことです。心よりお祝い申し上げます。

デジタルアーカイブ学会

第 3 回研究大会 (2019/3/15-16) 一般発表募集

デジタルアーカイブ学会第 3 回研究大会は 2019年3月15日 – 16日に京都大学吉田キャンパスで開催されます。
つきましては、以下のとおり一般発表 (口頭、ポスター) を募集しています。奮ってお申込み下さい。

●種類
口頭発表 (3月15日午後または3月16日)
ポスター発表 (3月16日)
登壇者は会員に限ります (共同発表者は会員でなくても構いません) (非会員で発表されたい方は、半期会員の制度をご利用ください)
●発表お申込
こちらからお申込ください
●発表の分野
制度・政策、著作権、人材育成、産業化
地域活動、図書館、博物館、企業
新技術、規格、メタデータ、データベース
●演題募集開始 2018年10月1日 (月)
●参考
第 1 回研究大会の発表予稿
第 2 回研究大会の発表予稿
●演題締切 2018年12月20日 (木)
●採択通知と予稿提出依頼 2018年12月25日
●予稿原稿締切 2018/1/25 (金)
用意してあるテンプレートを使用し、MS Word の完全原稿で提出してください。(A4: 口頭発表は 4 ページ以内、ポスター発表は 2 ページ以内)
予稿は原則として Creative Commons (CC-BY) ライセンスにより J-STAGE 上で公開されます。
●参加登録
発表者も研究大会参加登録をしていただきます。

第11回デジタルアーカイブ研究会 (2018/11/23)

第11回デジタルアーカイブ研究会 (2018/11/23)

デジタルアーカイブ開発・振興および研究・情報交流の場として、理論、人材養成、地域・コミュニティーアーカイブなどの実践研究について発表していただく 研究会を開催します。本研究会は、テレビ会議ZOOMを使い全国から参加できます。

  • 開催日時
    平成30年11月23日(金・祝) 13:30~17:00
  • 主催:デジタルアーカイブ学会人材養成部会コミュニティーアーカイブ部会
    日本教育情報学会デジタルアーカイブ研究会・著作権等研究会
  • 会場:岐阜女子大学 文化情報研究 センター
    (岐阜県岐阜市明徳町10番地 杉山ビル4階)
  • 発表内容
    1.デジタルアーカイブの基礎理論研究について
    2.デジタルアーカイブの実践研究について
    3.デジタルアーカイブの人材養成について
    4.地域・コミュニティーアーカイブの振興について  等
  • 発表者:本研究会はデジタルアーカイブ学会、日本教育情報学会のみならず、デジタルアーカイブ研究を行っている非会員の方も発表できます。ま た、発表後に「岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究報告(査読あり)への投稿を依頼する場合があります。研究申込締切日:平成30年11月5日(月曜日)
    発 表申込書に必要事項を記入して、FAXまたはメールで下記の申込先までお送りください。
    発表原稿締切日:平成30年11月16日(金曜日)
    執筆要領:デジタルアーカイブ研究会の書式に準拠
    ページ数:A4版 6ぺージ~12ページ(偶数ページ)
    ※原稿を郵送または、メールで下記まで提出してください。
  • 参加費:無料
  • 申込・問い合わせ先】
    デジタルアーカイブ研究会 事務局 (担当:井上、細川)
    〒500-8813 岐阜県岐阜市明徳町10番地 杉山ビル5階
    岐阜女子大学 文化情報研究センター内
    TEL:058-267-5237 FAX:058-267-5238
    E-mail :jdaa.jimu@gmail.com

 

 

ウイルス フリー。 www.avg.com

 

 

デジタルアーカイブ学会 学会賞推薦のお願い

デジタルアーカイブ学会では、この度学会賞を創設することとなりました。
選考にあたっては、選考委員会(委員長:長尾真学会長)がすでに発足し、そのもとに候補対象を選定するための作業部会が設置されました。つきましては、会員各位より、推薦を受け付けることといたしました。
こちらをお読みいただき、推薦される場合は、メールでご案内していますフォームから8月24日(金)までにご推薦ください (推薦者は当学会会員に限る)。(メールが着かない場合はご連絡ください)

なお、ご推薦にあたっては、下記の点にご配慮ください。

  1. ご推薦いただいた件については、すべて作業部会での検討の対象としますが、候補リストに掲載するか否かの最終判断は作業部会でいたします。
  2. お一人、実践賞・功労賞合わせて3件までの推薦といたします。
  3. 推薦者御本人あるいは御本人が直接関与される事業、プロジェクト等のご推薦はご遠慮ください。

「デジタルアーカイブ整備推進法 (仮称)」に関する意見交換会 (2018/9/18)

「デジタルアーカイブ整備推進法 (仮称)」に関する意見交換会 (2018/9/18)

デジタルアーカイブ学会法制度部会が開催する意見交換会です。
詳細はこちらをご覧ください。

意見交換会の実施概要

  1. 日時: 2018年9月18日(火)10:00~12:00
  2. 場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環ダイワユビキタス学術研
    究館 石橋信夫記念ホール
  3. 主催: デジタルアーカイブ学会法制度部会
  4. 構成
    • 経緯と概要説明(10分):福井健策法制度部会長
    • 法案要綱説明(30分):藤森純弁護士(法制度部会員)
    • 質疑応答及び意見交換(80分):法制度部会員及び学会会員

参加について

  • 参加費
    • デジタルアーカイブ学会員 無料
    • 非会員 3,000円 (当日現金でお持ちください)
  • 定員 100名 (先着順、定員に達し次第締切ます)
  • お申込はこちらから

ドローン研究会in岐阜

ドローン研究会 IN 岐阜 (2018/6/22)

ドローン研究会 in 岐阜

詳細はこちら

デジタルアーカイブの撮影にドローンを導入することで、空撮の映像を収集することが容易に可能となります。そこで、導入への検討を行っている個人や大学・機関へ向けて、様々な機種のドローンに触れ、野外での飛行体験を行い、ドローン活用の方法、注意点を学びます。

日時・会場

2018 年 6 月 22 日(金)13時30分~16時
岐阜女子大学本校(太郎丸キャンパス)グラウンド(雨天の場合 体育館)
※ 受付 13 時より 新 4 号館 1 階 04120 教室

参加費

無料 (定員 25名)

雨天決行(体育館にて開催)ですが、天候等によりやむを得ず中止または延期になる場合があります。中止等場合は、ご登録いただいたメールアドレスへ、前日までにご連絡いたします。

プログラム

13:10~ 受付 04120教室
13:30~ 挨拶・ドローン概要説明
14:00~ 操縦体験
15:30~ 講師デモ
16:00  終了

第 5 回定例研究会 (2018/5/26)

第 5 回定例研究会を次のとおり開催いたします

1. 実施日時・場所
* 日時:2018年5月26日(土)午後1時30分~4時30分
(受付開始:午後1時)
* 場所:東京大学情報学環ダイワユビキタス学術研究館2 階講義室
2. プログラム
1. 命の軌跡は訴える〜被災地の新聞社とデジタルアーカイブ
発表者:鹿糠敏和(岩手日報社編集局報道部次長)
2. 自動翻訳の可能性とデジタルアーカイブへの活用(仮題)
発表者:中澤敏明(東京大学情報理工学系研究科特任講師)
3. 参加要領
* 参加費:学会員(無料)、非学会員(1,000円)
* 申込先:こちらから

* 定員:30名(定員に達し次第、申込を終了させていただきます)

「デジタル化承諾書・契約書検討」ミニ研究会

「デジタル化承諾書・契約書検討」ミニ研究会は、資料収集の、あるいは写真・動画撮影やインタビューの際に著作権者・所有者などと交わす承諾書や契約書のテンプレートを作成して共有することを目指します。

主査: 嘉村哲郎 (東京藝術大学)
アドバイザー: 足立昌聰 (弁護士知財ネット)
担当理事: 時実象一

事例・サンプルをご提供ください
現在、皆様がお悩みになっている事例や承諾書・契約書のサンプルのご提供をお願いしています。いただいた事例、サンプル、は研究のためにだけ用い、ご提供者名を含めて公表いたしません。ご協力いただける方はこちらからご連絡ください。

ご意見、ご要望もこちらからお寄せください。

Europeana の翻刻プロジェクトと日本の翻刻プロジェクト

デジタルアーカイブ学会技術部会では、Europeana で翻刻プロジェクトを進めている Frank Drauschke 氏が来日するのを機会に、Drauschke 氏を交えた懇談会を下記のとおりおこないます。


参考: Europeana 翻刻プロジェクト
transcribathon.com/en/

懇談会 「Europeana の翻刻プロジェクトと日本の翻刻プロジェクト」
2018/2/23 (金) 15:00-17:00
東京大学情報学環本館 6F会議室 (会場が変更となりました)

話題提供

  • 飯倉 洋一(大阪大学大学院文学研究科)
    「クラウドソーシング翻刻のための基盤形成:日本古典籍の場合」(逐次通訳付き)
  • Frank Drauschke 氏
    共通の歴史を市民の手で – Europeana 1914-1918 と翻刻 (逐次通訳付き)

一般財団法人人文情報学研究所との共催

 

第 4 回定例研究会 (2018/2/9)

第 4 回定例研究会を次のとおり開催いたします。
digitalarchivejapan.org/reikai

●日時:2018 年 2 月 9 日(金)午後 4 時~ 7 時
●場所:東京大学本郷キャンパス工学部 2 号館 9 階 92B
●プログラム
(1) 学会活動の状況について(16:00-16:10)総務担当理事 柳与志夫(東京大学)
(2) 発表
〇産業日本語研究会の活動と今後の方向(16:10-17:30) 井佐原均(豊橋技術科学大学)
〇服飾分野におけるデジタルアーカイブ構築に向けての現状と課題(17:35-18:55) 田中直人(文化学園大学)
(3) お知らせ(18:55-19:00)
〇第 2 回研究大会の開催(2018年3月9日、10日at 東京大学)
〇シリーズ『デジタルアーカイブ・ベーシックス』の発刊
その他
司会:総務担当理事 柳与志夫 (東京大学)

●参加費:会員は無料。非会員は参加費1,000円を会場でいただきます。お申し出ください。
定員:80名(先着順)
お申し込みはこちら(定員になりましたら締め切らせていただます。)
pro.form-mailer.jp/fms/0d54624f127684