jsda のすべての投稿

大学における映像アーカイブ活用と新たな展開~大学と放送ライブラリーによる取組の報告

平成25年度、放送番組センターでは、大学の授業に放送ライブラリーの番組を利用してもらうサービスを試験的に開始しました。公開セミナーでは、これまでにこのサービスを利用した大学の先生方に成果報告やパネルディスカッションをしていただき、サービスのさらなる向上と利用の促進に結びつけたいと考えています。
教員や学生の皆さんをはじめ、アーカイブ資料や放送番組の利活用に関心をお持ちの方、業種・職種を問わず、多くの方々の参加をお待ちしています。

日時:2017 年 11 月 18 日(土)13 時 30 分 − 16 時 30 分(13 時開場)
会場:上智大学 四谷キャンパス 12 号館 102 教室 (Sophia Open Research Weeks 2017)
登壇者:荒巻 龍也 (筑紫女学園大学)、伊藤 守 (早稲田大学)
、丹羽 美之 (東京大学)、柴野
京子 (上智大学)
司会:音 好宏 (上智大学)
主催:(公財) 放送番組センター、上智大学メディア・ジャーナリズム研究所
入場:無料 (ウェブサイトまたは往復はがきで申し込み)

問い合わせ:放送ライブラリー TEL:045(222)2828

 

「デジタルアーカイブ学会第2回研究大会」企画パネル募集

デジタルアーカイブ学会第2回研究大会 (2018年3月9日~10日、東京大学本郷キャンパスで開催) では、会員の自主的な「企画パネル」(1-2 件) を募集します。奮ってご応募ください。

  • 3月10日 (土) の口頭発表の1区画 (3発表分、90分) を自由に使っていただきます。
  • 進め方は自由です。複数の口頭発表、ポスター発表、パネルディスカッション、自由討論、など自由に企画してください。特別の費用が発生することは想定していませんが、その場合はご相談ください。
  • 企画のテーマと計画案を11月17日 (金) までに大会実行委員会にご提出ください。審査の上、採否を決定します。

「デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会」発表演題募集

デジタルアーカイブ学会第 2 回研究大会 」は 2018 年 3 月 9 日に東 京大学本郷キャンパスにおいて開催します。
3 月 10 日に口頭発表とポスター発表をおこないますので、その演題を募集いた します。

  • 発表の分野
    • 制度・政策、著作権、人材育成、産業化
    • 地域活動、図書館、博物館、企業
    • 新技術、規格、メタデータ、データベース
  • 発表の種類
    1. 口頭発表 (発表時間15分)
    2. ポスター発表
  • 第 1 回研究大会の発表予稿はこちら
  • 演題申込締切 2017/12/1 (金)
    申込はこちら
    審査 後通知いたします。
  • 予稿原稿締切 2018/1/5 (金)

奮ってご応募ください。

「ウィキペディアタウンin岐阜」(2017/11/23)

デジタルアーカイブ学会人材養成部会が主催して開催します。詳細はこちら

  • 日時  2017年11月23日(木・祝日)9:15~16:00 2.
  • 会場  岐阜女子大学文化情報研究センター
    〒500-8813 岐阜市明徳町10杉山ビル4F(岐阜駅より徒歩18分)
  • 定員  15名
  • 参加費  無料
  • 講師
    • 青木 和人氏(あおきGIS・オープンデータ研究所・オープンデータ 京都実践会)
    • Miya.m 氏

琉球政府文書のデジタル画像が、沖縄県公文書館から一部閲覧可能に

琉球政府文書のデジタル画像が、沖縄県公文書館ホームページの所蔵資料検索から一部閲覧できるように。 琉球政府文書とは、沖縄戦以降の米国統治下において立法、行政、司法の三権を有した琉球政府や、その前身機関によって作成・収受された文書。沖縄県公文書館の所蔵資料の中心を占めるもので、広く沖縄県民や研究者などの利用に供されている。 2017年10月現在、6,000簿冊以上もの琉球政府文書が所蔵資料検索から閲覧できるほか、資料紹介ページでは注目資料を紹介。 今後は公開資料を順次増やしていくとともに、資料紹介や広報誌「琉政だより」も充実させていく予定。

IIIF Japanイベント (2017/10/16-19)

デジタルアーカイブ学会技術部会共催、協賛または後援のイベントです。 詳細はiiifホームページをご覧ください。

「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会いシンポジウム〜データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦

「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会いシンポジウム〜データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦

  • 日時:2017年 11月6日(月) 13時30分〜17時45分 (13時00分開場)
  • 会場:国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
  • 募集人数:300名(先着順。定員に達し次第、募集は終了いたします。)
  • 参加費:無料
  • 詳細は下記URLを参照 www.ndl.go.jp/jp/event/events/201711rda.html
    —以下概要抜粋
  • 国立国会図書館でジャパンリンクセンター(JalC) (外部サイトへリンク)の 研究データ利活用協議会(RDUF) の平成29年度第1回研究会を開催いたします。
    図書館をはじめ、博物館・美術館、文書館等は、デジタ ルデータの保存・管理・活用にあたり、技術的課題や法務的課題など、 様々な場面で発生する新たな課題に直面しています。それらの課題は、研究データにおけるものと共通しています。
    このシンポジウムでは、9月に開催された二つの国際会議、「研究データ同盟(RDA)総会」と、デジタルアーカイブの話題も豊富な「 電子情報保存に関する国際会議(iPRES)」における議論を共有するとともに、デジタルアーカイブと研究データの親和性に注目して、 両者の共通課題を共有しその解決に向けてフロアからの質問も交えながら、ディスカッションを行います。

デジタルアーカイブ推進コンソーシアム (DAPCON 第 2 回講演会 (9/29)

■プログラム: 「情報メディア技術の変容とデジタルアーカイブへの期待」 講師:東京大学名誉教授 原島博 harashima-lab.jp/
■日時: 平成 29 年 9月 29 日(金) 16:00-17:30
■場所: 学士会館 202 号室(〒 101 -8459 東京都千代田区神田錦町 3-28 )
・都営三田線/都営新宿線/東京メトロ半蔵門線「神保町」駅下車 A9 出口から徒歩 1分
・東京メトロ東西線「竹橋」駅下車 3a 出口から徒歩 5分
・JR 中央線/総武「御茶ノ水」駅下車橋口から徒歩 15 分
■参加費:無料
■お申込み:hirano-m@iii.u-tokyo.ac.jp まで、ご氏名、ご所属を明記してお申込みください。