「求人情報」カテゴリーアーカイブ

実践女子大学短期大学部図書館学課程 専任教員の募集 (2019/8/21 締切)

実践女子大学短期大学部図書館学課程 専任教員の募集について (2019/8/21 締切)

(実践女子大学短期大学部図書館学課程からのお知らせ)

実践女子大学短期大学部図書館学課程 専任教員 募集要項

・募集人数 1名(教授、准教授または専任講師)
・勤務形態 常勤 (任期なし)
・研究分野 図書館情報学

【業務内容】
<担当授業科目>
「図書館概論」「図書館サービス概論」「図書館制度・経営論」「情報資源組織法 1」
「図書館情報サービス論」「図書館情報技術論」「図書館情報資源特論」「図書館基
礎特論」他
<専任教員業務>
・教授会、委員会、その他会議への参加および業務遂行
・地域の住民(児童含む)への教育・指導
・海外研修等の引率
・オフィスアワー等の時間帯における学生相談
・短大行事および課外活動への参加(土日含む)
・その他専任教員としての校務

【応募資格】 以下のいずれの条件も満たす者
・博士または修士の学位を有する者もしくはそれと同等の研究業績を有する者
・上記の研究分野について高い専門性を有し、教育歴が3年以上ある者
・公共図書館での職務経験を有する者

【勤務地】
実践女子大学短期大学部
渋谷キャンパス(東京都渋谷区東1-1-49)
実践女子大学
渋谷キャンパス(東京都渋谷区東1-1-49)
日野キャンパス(東京都日野市大坂上4-1-1)

【着任時期】 2020年4月1日(水)

【待遇】
<給与等>「実践女子学園給与規程」及び「関係諸規程」による
<勤務時間・休憩>「専門業務型裁量労働時間制」に基づく勤務
<休日>「労働時間、休日及び休暇等に関する規程」による
<社会保険等> 日本私立学校振興・共済事業団(健康保険・年金)に加入      雇用保険・労災保険加入
<その他> 学園の規程による

【応募期間】 2019年8月21日(水)(必着)

【応募書類】
1. 履歴書(写真貼付)  1部
2. 教育研究業績書   1部
* 上記1および2は本学指定用紙を使用し、記入例を参照し作成してください。
採用情報のページよりダウンロードしてください。
3. 学位記の写し (またはそれに代わる書類)
4. 主要論文(抜刷又はコピー可)  3点
5. 本学における教育に関する抱負(書式自由 1,200字程度) 1部
※応募書類は返却しません。なお、応募に関する個人情報は本選考以外の目的には一切使用いたしません。

【応募書類送付先】
〒150-8538 東京都渋谷区東1-1-49 実践女子大学短期大学部 学務部庶務課管理担当
※封筒の表に「図書館学課程 教員応募書類在中」と朱書きの上、簡易書留にて郵送してください。

【選考方法】書類審査の後、面接審査を行います。面接審査時の旅費等は応募者の負担となります。なお、選考結果は各審査の後、文書で本人に通知します。

【問い合わせ先】
実践女子大学短期大学部 学部長兼図書館学課程主任 武内一良
電話 03-6450-6949   (学部長所属学科研究室)
E-mailはこちら

【参考】
実践女子大学短期大学部 教員採用情報のページ
www.jissen.ac.jp/school/recruit/index.html

群馬県立女子大学人文社会情報学教員公募 (2019/8/13 締切)

文学部総合教養学科(人文社会情報学)の教員について公募

1 募集人員・職名
教授、准教授または講師 1名

2 担当授業科目
人文社会情報学(情報倫理、情報社会学)関係の専門科目及び教養教育科目など、週5コマ程度。
さらに、大学院修士課程の授業も担当していただくこともあります。

3 応募資格
(1)学  歴   博士の学位を持つ方
(2)研究領域   人文社会情報学(情報倫理、情報社会学)
(3)研究業績   著書・論文等5点以上(修士・博士論文を含む)で、過去3年以内に研究業績のある方

4 採用予定年月日
2020年4月1日

5 応募書類
(1)履歴書(所属学会記載、写真貼付のこと)
(2)研究業績一覧(日本語以外で書かれた主要な各著書・論文などには日本語
による100字前後の要旨を付記すること)
(3)主な著書又は研究論文3点(コピー可)
(4)社会貢献等活動状況表(過去3年間)
(5)構想する教育内容・方法等(A4版1枚程度)

6 応募締切日
2019年8月13日(火)必着

7 応募書類提出先等
〒370-1193 群馬県佐波郡玉村町上之手1395-1 群馬県立女子大学 学長 小林 良江 宛

※応募書類一式は「書留」とし、封筒に「教員応募(人文社会情報学)関係書類在中」と明記してください。

8 問い合わせ先
群馬県立女子大学事務局総務係、または、文学部総合教養学科 学科長 市川浩史(いちかわ ひろふみ)
電話:0270-65-8511(代)メール

9 その他
(1)選考の過程で面接および「専門基礎科目」の「人文社会情報学概論」の模擬授業をお願いします。
その際には旅費等の支給はありませんので、ご承知おきください。
(2)応募書類等は原則として返却しません。著書等で特に返却を希望される方は「要返却」というラベルをそれらに貼付し、宛先を明記し、切手を貼付した返送用封筒を同封してくだ
さい。
(3)本学教員の定年は満65歳です。

10 勤務条件等
講師として採用された場合は任期制が適用されます(5年任期、再任可)。
また、任期中に准教授に昇任した場合は、任期制は適用されなくなります。

教員公募(人文情報社会学)について(2019.08.13必着)

「歴史ビッグデータプロジェクト」研究員募集 (7/12 締切)

コンテンツ科学研究系 北本研究室 特任研究員(特定有期雇用職員) 募集

JREC-IN Portal

1.職名:
特任研究員(特定有期雇用職員)
業務の実績により、審査を経て特任助教・特任准教授等の称号を与えることがあります。

2.募集人員:
1名

3.勤務地:
情報・システム研究機構 国立情報学研究所
国立情報学研究所(千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
都営地下鉄・東京メトロ「神保町」A9出口、東京メトロ「竹橋」1b出口、 徒歩3~5分

4.所属:
情報・システム研究機構 国立情報学研究所

5.職務内容:
科学研究費基盤研究(A)「歴史ビッグデータ研究基盤による過去世界のデータ駆動型復元と統合解析」における「歴史ビッグデータのデータ構造化のための情報基盤構築」を推進するため、以下の研究開発業務に従事する。

セマンティックウェブ・リンクトデータ等を活用した歴史ビッグデータの統合技術の研究開発
上記の実運用システムへの実装
これらの職務の遂行にあたっては、人文学研究者との共同研究が必要となることに留意するとともに、1の研究開発項目を効率化するために「機械学習等を活用したエンティティ自動抽出・統合技術」についても取り組むことを期待する。

6.資格・条件:
職務内容について、以下の条件を満たす修士号取得者以上(博士号があればなおよい)。

情報学、図書館情報学などの分野における研究実績を有すること。あるいはこれらの分野におけるソフトウェア開発やシステム開発において、設計段階から完成段階までを主体的に推進した研究開発業務の経験を有すること。
論文執筆、学会発表、システムの構築や公開、オープンソース化、標準化活動等の形で、研究開発成果の外部公開に積極的に関わる意欲を持つこと。
国籍は問わないが、日本語を扱う能力があることが望ましい。
7.雇用期間:
2019年9月1日~2020年3月31日(試用期間無し)

※着任日は応相談(雇用開始日の前倒しも可)
※業務の評価結果、業務の状況及び予算等により更新することがある。ただし、最長で2022年3月31日まで。契約の更新は年度ごとに行うこととする。

8.勤務日:
週5日(月~金)

※土・日曜日、祝日法に基づく休日、12月29日~1月3日は休日
※夏季休業:8月12日~18日の土・日を除く連続する2日間

9.勤務時間:
裁量労働制(1日7時間45分勤務したとみなす)

10.休暇:
情報・システム研究機構特定有期雇用職員就業規則に基づき付与

年次有給休暇
年次有給休暇以外の休暇

11.給与:
情報・システム研究機構特定有期雇用職員就業規則に基づき支給

基本給:月額30万円~40万円(経験・能力に応じ算定)
通勤手当:支給要件を満たした場合に実費相当額を支給(上限有り)
支給日:毎月末締め、原則当月17日
12.社会保険:
文部科学省共済組合、雇用保険及び労災保険に加入

13.提出書類:
封筒に「国立情報学研究所特任研究員応募書類」と朱書の上、下記17.へ簡易書留にて送付、もしくは、書類送付先に記載があるメールアドレスにPDFにて送付してください。E-メールにて送付の場合は、メール件名を【国立情報学研究所特任研究員応募書類】としてください。

履歴書(学歴,学位,受賞歴,連絡先メールアドレスを記入,写真添付)、研究業績一覧(論文/発表種別、査読有無で分類して記載、ソフトウェア開発の実績も含めること)
主要な学術論文のコピー(3編以内)。もしあれば、開発者に自分の名前が明記された主要なオープンソースソフトウェア、ウェブサービス、モバイルアプリ等の公開URLと簡単な説明。
これまでの研究概要と研究の抱負(各A4用紙1枚程度、人文学データに関する実績や興味等を必ず記述すること)
本人に関する所見を求め得る方1名の氏名と連絡先

14.選考方法:
書類選考の後、必要に応じて面接日をご連絡します。
面接試験は、2019年7月中旬に行う予定ですが、応募状況によっては前倒しで実施する可能性もあります。
面接試験等、来所に係る旅費等は応募者の負担とします。ビデオ会議等遠隔での実施を希望の場合は事前にご相談ください。

15.採否通知:
採否については、選考後速やかに、本人あてに通知します。

16.応募締切:
2019年7月12日(金)(必着)
ただし適任者が見つかり次第、一部またはすべての公募を終了することがあります。

17.書類送付先:
〒101-8430 東京都千代田区一ツ橋2-1-2
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系北本研究室 担当 北本朝展宛
Email :kitamoto(a)nii.ac.jp
※(a)を@に置き換えてください。

18.雇用者の名称:
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構機構長 藤井 良一

19.その他:
上記記載以外の待遇・勤務条件の詳細は、次の規則をご覧ください。
情報・システム研究機構特定有期雇用職員就業規則
お問い合わせは、上記17.まで、なるべくメールでお願いいたします。件名は「国立情報学研究所特任研究員応募」としてください。
本公募に提出された個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、職員として採用される方の情報を除き、すべての個人情報は責任をもって破棄します。職員として採用される方については、人事、労務、給与関係処理等採用手続き及び所内の各種手続きに使用させていただきますので、あらかじめご
了承願います。
情報・システム研究機構では、男女共同参画への取り組みとして、女性研究者の積極的登用を行っています。本公募においても、業績(研究業績、教育業績、社会貢献等)の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。

以上

早稲田大学演劇博物館常勤嘱託募集

早稲田大学演劇博物館では、以下の要領で常勤嘱託<事務職>の募集をしています。

紹介予定派遣 常勤嘱託<事務職>の募集要項

  • 業務内容
    早稲田大学演劇博物館において、以下の業務に従事する。
    1.演劇博物館デジタル・アーカイブの運用業務
    2.博物館資料のデータベース設計に関する業務
    3.演劇博物館の情報化技術支援に関する業務
    4.その他、演劇博物館運営に関わる一般事務
    5.上記担当業務遂行に密接に関連した業務および職場運営上不可欠な臨時的業務
    【参考URL】早稲田大学演劇博物館
  • 募集人数
    1名
  • 受入資格
    常勤嘱託
  • 紹介予定派遣期間
    2018年10月1日 ~ 2019年3月31日
  • 採用予定日
    2019年4月1日  ※紹介予定派遣期間中の勤務状況・面談等を考慮の上、早稲田大学と該当者双方の合意に基づいて採用を決定
  • 契約期間
    採用予定日から2020年3月31日まで(契約更新あり・最長2024年3月31日まで)
    ※資格に関わらず2013年4月1日以降に本学と雇用契約があり、今回の採用日までの間に原則として半年間の雇用契約を締結していない期間がない場合は、通算雇用契約期間に上限があります。そのため、契約期間や再任用の有無・期間について、上記の期間のとおりとならない場合があります。
  • 応募資格
    次の条件を満たす方
    1.大学卒業以上の学歴を有する方
    2.デジタル・アーカイブ業務の経験を3年以上お持ちの方
    3.プロジェクトマネージメント経験があれば尚可
    4.公的資金等外部資金獲得の申請書作成ができる方
    5.写真複写技術に精通していることが望ましい
    6.パソコン、サーバーの知識を有する方(Excel、Word、Photoshopは必須)
    7.以前、本学に嘱託として就業経験のある場合は、退職後1年を経過し、かつ演劇博物館での就業経験がない方
  • 勤務条件
    • 勤務地: 早稲田大学演劇博物館
      東京都新宿区西早稲田1-6-1(早稲田キャンパス)
    • 勤務時間: 月曜日~金曜日 9:00~17:15(休憩1時間)
    • 休日: 日曜日・土曜日・年末年始・国民の祝日(授業実施日を除く)・臨時休業日・創立記念日
    • 休暇: 年次有給休暇・半日休暇・夏季一斉休暇・年始一斉休暇等
      ※土曜日等の休日に出勤の場合は、他の曜日に振替休日を付与
      ※シフト勤務(勤務時間の前倒しまたは後ろ倒し)の可能性あり
      ※時間外勤務をお願いすることがあります
    • 派遣期間時の待遇: 1,800円/時 ※交通費支給なし
    • 待遇: 本学規程による。常勤嘱託・専門嘱託2号等級
      (月額313,730円、賞与年間3ヵ月、別途通勤定期券代支給、契約更新時に昇給の可能性あり)
    • 社会保険: 厚生年金、健康保険、介護保険、労災保険、雇用保険
  • 選考スケジュール
    • リクルートスタッフィング内選考:随時
    • 早稲田大学書類選考結果:随時
    • 早稲田大学面接・適性検査:随時  ※早稲田キャンパス内で実施予定
    • 結果: 面接後、2,3日程度となります。 ※リクルートスタッフィングより結果通知いたします

早稲田大学では嘱託職員の採用を紹介予定派遣で行っています。
応募手続きは下記、リクルートスタッフィングにて進めて下さい。

  • 応募方法
    リクルートスタッフィングのサイトより登録、応募手続きを行ってください。→ この求人に応募する
    ※既にリクルートスタッフィングへ登録されている方は、下記メールまで応募のご連絡をください。
    ※紹介予定派遣の仕組みについて知りたい方は → こちらから
    ※早稲田大学の嘱託職員採用ページを見たい方は → こちらから
  • 問い合わせ先
    株式会社 リクルートスタッフィング 早稲田大学グループ 担当者:児林
    Mail:daigaku2@r-staffing.co.jp

早稲田大学は、職員の採用等において、国籍、性別、信条、障がいを理由とするいかなる差別も行ないません。

東北大学災害科学国際研究所  平成29年度第二期共同研究助成の公募

◆申請資格
科学研究費申請有資格者(東北大学の教職員を除きます)

◆応募期限
電子版提出 :平成29年8月4日(金)
原本(押印版)提出:平成29年8月18日(金)必着

◆公募事項
(1)研究課題
①【災害アーカイブ学】 震災・歴史資料の収集・整理・保存・共有方法の確立、災害統計データの収集・整理・共有方法の確立、災害アーカイブの社会実装など。
②【津波減災学】 巨大津波の発生メカニズム、高精度な伝播遡上解析、歴史学、地質学的津波履歴研究、津波災害の総合被害評価・予測など。
③【災害医学・医療】 被災住民の心と身体の健康の継続調査、災害関連健康問題の評価技術開発、災害医療・保健体制の実態調査と課題抽出など。
④【防災人材育成学】 災害を生きる力に関する認知神経科学研究、防災人材育成プログラムの開発と実践、復興まちづくりから地域再創生までのデザインの人材育成など。
⑤【災害科学の発展に寄与するその他の研究】 上記4つの重点領域には属さないが、災害科学の発展に重要な寄与をもたらすことが期待される研究テーマ。

◆URL
http://irides.tohoku.ac.jp/topics_project/coproject/coproject_kobo/coproject-index2017-2.html

◆申請に関わる問い合わせ
災害研事務部:irides[アットマーク]grp.tohoku.ac.jp

◆研究課題に関する問い合わせ
共同研究助成担当(柴山准教授):shibayama[アットマーク]irides.tohoku.ac.jp

——————————————–

東北大学災害科学国際研究所
共同利用共同研究委員会委員長
東北大学災害科学国際研究所 副研究所長
伊藤 潔

九州大学 大学院システム情報科学研究院 情報学部門 助教(特定プロジェクト教員)の公募

九州大学院システム情報科学研究院では、下記の要領により助教(特定プロジェクト教員)を公募しています。
[仕事内容]
自然言語処理、計算言語学、コーパス言語学、デジタルヒューマニティーズ、計算社会科学等の分野で、自然言語処理技術や統計的手法を用いてテキストデータを対象としたデータサイエンスに関わる研究を行い、また、数理・データサイエンス教育研究センターにおける教育を担当する。なお、上記分野に関する研究にあたっては、九州大学大学院システム情報科学研究院の冨浦洋一教授の研究指導を受ける。

京都大学人文学系(人文科学研究所)助教の募集

京都大学人文学系(人文科学研究所)では助教1名を下記要領により募集しています。

応募資格
(1) 人文科学に対して情報科学的アプローチから研究を行うとともに、人文科学の情報発信基盤整備にかかわる以下の業務に積極的に関与する意思と能力を持つ者。
① WWW サーバーの構築と運用に関する業務
② 情報セキュリティに関する業務
(2) 博士号取得済あるいは取得見込みの者(または、それと同等以上の学力を有する
者) 。
(3) 日本語の十分な運用能力を有する