「関連イベント」カテゴリーアーカイブ

東京大学学術資産アーカイブ化推進室セミナー「かわいい子には旅をさせよ」(2018/11/22)

第2 回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー
かわいい子には旅をさせよ ― デジタルアーカイブとオープンデータ ― (2018/11/22)

開催概要

  • 日時:2018年11月22日(木) 13:30-17:00(受付13:00から)
  • 場所:東京大学 福武ホール [ 地下2階 ] ラーニング・シアター
  • 対象者:資料のデジタル化・公開等に関心のある方
    ※学内者、学外者を問いません(定員 120名 ※140名に変更しました

プログラム
○はじめに

開会の挨拶
東京大学デジタルアーカイブズ構築事業の進捗状況

○講演1
「オープンサイエンスとオープンデータ」
武田英明氏(国立情報学研究所 情報学プリンシプル研究系教授)

○講演2
「デジタル・アーカイブのライセンシング:クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの意義と拡大適用問題」
渡辺智暁氏(慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科特任准教授,クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事長)

○講演3
「歴史研究におけるデータ利活用事例」
福田真人氏(東京大学大学院人文社会系研究科 博士課程, Tokyo Digital History(ToDH)メンバー)
山崎翔平氏(東京大学大学院経済学研究科 博士課程, Tokyo Digital History(ToDH)メンバー)

○パネルディスカッション, 質疑応答
パネリスト:各講演者、永崎研宣氏(一般財団法人 人文情報学研究所)
モデレータ:中村覚(情報基盤センター 助教, 学術資産アーカイブ化推進室)


お申込み
以下のサイトから事前にお申し込みください
https://webform.adm.u-tokyo.ac.jp/Forms/digarv2018/


お問い合わせ
学術資産アーカイブ化推進室(附属図書館総務課)
digital-archive@lib.u-tokyo.ac.jp
03-5841-2613

※障害等のため、会場設備等に配慮が必要な場合はご連絡ください

映像アーカイブ活用と新たな展開2018 大学・図書館と放送ライブラリーの取組の報告 (2028/11/17)

【セミナー】 公開セミナー 映像アーカイブ活用と新たな展開2018 大学・図書館と放送ライブラリーの取組の報告 (2018/11/17)

アーカイブ番組の活用事例を紹介するとともに、その利用を促進し、今後の新たな展開を展望する公開セミナーを行います。第2回目となる今回は、大学に加えて公共図書館での事例についても紹介し、番組アーカイブの持つ可能性を探ります。

•日 時:2018年11月17日(土)14時 ~17時(13時30分開場)
•会 場:上智大学 四谷キャンパス 6号館(ソフィアタワー)3階307教室
JR中央線、東京メトロ丸ノ内線・南北線 四ッ谷駅麹町口・赤坂口
から徒歩5分
•登壇者:
村上雅通(長崎県立大学 教授)
武田誠一(三重短期大学 准教授)
柴野京子(上智大学 准教授)
相良 裕(諫早市立図書館 館長)
•司 会:音 好宏(上智大学 教授)
•主 催:(公財) 放送番組センター、上智大学メディア・ジャーナリズム研究所
•入 場:無料、事前申込制(申込多数の場合は抽選)

放送番組センターサイトよりお申し込みください
問い合わせ先 放送ライブラリー
〒231-0021 横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
TEL 045(222)2828
FAX 045-641-2110

慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム「メタデータ再考」(2018/11/20)

慶應義塾大学DMC研究センターシンポジウム
「メタデータ再考」
(第 8回 デジタル知の文化的普及と深化に向けて)
(2018/11/20)

文化資源の利活用のボーダーを創造的に越えるために、メタデータを取り巻くフレームワークを改めて問い直すシンポジウムです。

日時: 2018年11月20(火)14:00 – 17:30 (研究交流会を除く)
開場  13:30 (技術展示・デモも同時開催)
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス西別館1
参加費:無料
申込 :DMC シンポジウム参加申込フォーム (先着
70名)

プログラム

  • 14:00 – 14:10
    挨拶  青山藤詞郎(慶應義塾常任理事)
    重野 寛 (慶應義塾大学理工学部教授・DMC研究センター所長)
  • 14:10 – 15:30
    講演  演題: 学術データの共有と利活用のための工夫
    原 正一郎(京都大学東南アジア地域研究研究所教授)
    演題: コンテンツネットワーク形成におけるメタデータの限界
    金子晋丈(慶應義塾大学理工学部専任講師・DMC研究センター研究員)
  • 15:30 – 15:50 休憩 デモ・技術展示
  • 15:50 – 17:20
    パネルディスカッション
    「テーマ: ボーダレスなデータ利活用のための情報組織化とは」
    パネリスト
    原 正一郎(京都大学東南アジア地域研究研究所教授)
    金子晋丈(慶應義塾大学理工学部専任講師・DMC研究センター研究員)
    安形麻理(慶應義塾大学文学部准教授)
    久保仁志(慶應義塾大学アート・センター所員)
    石川尋代(慶應義塾大学DMC研究センター特任講師)
    モデレーター 安藤広道(慶應義塾大学文学部教授・DMC研究センター副所長)
  • 17:40 – 19:30 研究交流会

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第1回公募

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2019年度第1回募集

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライ アルへの参加研究者を募集しています。

公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館・川口 NHKアーカイブス、 大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第1回閲覧期間  2019年3月~5月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○募集締め切り  2018年12月21日
○募集研究数   放送博物館(6組)・川口 NHKアーカイブス(2組)・大阪放送局(3組)

応募要項等詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

DAN(デジタルアーカイブネットワーク)ワークショップ

第 10 回 DAN ワークショップ

■表題  :第10回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ
■開催日時:2018年11月9日(金) 13時 ~ 18時 (受付:12時30分より)
-ワークショップ終了予定時刻は17時まで。その後会場内(18
時終了予定)で名刺交換や意見交換の御時間を設けさせていただきます。
-会終了後、会費制にて交流会を開催する予定です。
■開催場所:NIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHI
(東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル)
■主催  :筑波大学・図書館情報メディア系
■後援  :総務省(申請中)、一般社団法人メタデータ基盤協議会(開催事務局)
■協力  :凸版印刷株式会社、インフォコム株式会社
■参加費 :無料(定員 約50名)
※定員に達した場合、御遠慮いただくことがございます。
■参加申込:
①下記メールアドレスに所属氏名・連絡先メールアドレスを記載の上、連絡ください。
一般社団法人メタデータ基盤協議会 事務局 meta-info アッ
トマーク mi3.or.jp(アットマークを@に置換して頂いてメールください。)
お問い合わせフォームにて「その他のお問い合わせ」を
選択して頂いたうえで「お問い合わせ内容」に、「DAN参加希望」と記載のうえでご連絡ください。

≪ワークショップ内容≫
○講演
つなぐアーカイブ
被災地域を過去から未来につなぐ役割を持つ震災アーカイブ、多様で多数のデジタルアーカイブをつなぐ役割を持つ大規模なアーカイブポータルの視点から「つなぐアーカイブ」について東北大学と国立国会図書館からご講演いただきます。
【講演内容】
柴山明寛(東北大学・災害科学国際研究所 准教授)
「東日本大震災から7年半経過したみちのく震録伝の今後の役割について」
池田 勝彦(国立国会図書館 電子情報部電子情報流通課情報流通係主査)山口 聡 (国立国会図書館電子情報部電子情報企画課連携協力係長)
「国立国会図書館におけるつなぐアーカイブ~国立国会図書館東日本大震災アーカイブやジャパンサーチについて~」

○ライトニングトークとディスカッション
「これからのデジタルアーカイブ」について異なる視点からのライトニングトークとそれに続くパネルディスカッションです。
講演者と参加者全員参加で「これからのデジタルアーカイブ」について議論します。
三原鉄也(筑波大学図書館情報メディア系 特任助教)
「アーカイブ間をつなぐ – 地名でつなぐ、作品でつなぐ」
勝又正秀(スポーツ庁オリンピック・パラリンピック課 課長)
「スポーツ・デジタルアーカイブ構想について」
原正一郎(京都大学東南アジア地域研究研究所 教授)
「地域研究資源の保存と共有化に関する試み」
柳与志夫(東京大学情報学環 特任教授)
「デジタルアーカイブ学会のこれからの課題」
モデレータ
杉本重雄 筑波大学図書館情報メディア系 教授

○その他
今回会場であるNIPPON GALLERY TABIDO MARUNOUCHIの施設見学を企画中です。

※内容は主催者の都合により一部変更する場合がございます。
※話題提供やライトニングトークは各分野の方々に実施していただく予定です。発表者については正式決定後
逐次このページにて公開していく予定です。

【お問い合わせ先】
一般社団法人メタデータ基盤協議会 事務局 meta-info アットマークmi3.or.jp (アットマークを@に置換して頂いてメールください。)
筑波大学 杉本・永森研究室 (電話)029-859-1351

第23回情報知識学フォーラム (2018/12/8)

第23 回情報知識学フォーラム「情報知識資源の構築、応用、ビジネス展開」

* 日時:2018年12月8日 (土) 14:00-17:00
* 会場:近畿大学(東大阪本部キャンパス)
o テーマ会場:21号館5階543号室(21-543)
o ポスター会場:20号館5階5A室,5B室(20-5A,20-5B)
o 交通アクセス : 近鉄大阪線長瀬駅下車徒歩10数分(長瀬駅までは
鶴橋駅から約10分、難波駅から約15分)
o キャンパスマップ
* 主催:情報知識学会
共催:日本図書館研究会情報組織化研究グループ
後援:デジタルアーカイブ学会日本図書館情報学会記録管理学会

開催趣旨と概要

当学会の30周年を記念するフォーラム(第23回情報知識学フォーラム)が12月8日 (土)に近畿大学で開催されます。テーマは「情報知識資源の構築、応用、ビジネス展開」です。これは、分類体系やシソーラスのような情報知識資源が盛んに開発され、様々に応用され、これを利用したビジネスが活性化すれば、情報知識学が繁栄するのではないかという問題意識に基づいております。
招待講演には、情報知識資源を構築し、ビジネス展開につなげた編集工学研究所の宮崎慎也氏と元言語工学研究所社長の国分芳宏氏にお願いしております。二つの講演の後、会場のみなさんとディスカッションの時間を設ける予定ですので、是非、生産的で活発な議論が展開されるようご協力ください。講演の前には編集工学研究所の開発した分類を採用している図書館(ビブリオシアター)の見学会も計画しております。こちらにも奮ってご参加ください。
テーマに基づくセッションの後は、ポスター発表会を予定しております。みなさまの発表エントリーをお待ちしています。
なお午前中に、「シニア情報知識学研究部会 卓話会」も開催される予定ですので、午前中から参加可能な方はこちらにもご参加ください。

プログラム

10:30 – 12:00 シニア情報知識学研究部会 卓話会(プレイベント)
13:10 ビブリオシアター見学希望者 近畿大学西門(長瀬駅側の門)集合
13:20 – 13:50 ビブリオシアター見学
13:40 – 14:10 参加受付 (21号館5階543号室(21-543))
14:15 – 14:45 招待講演:*「情報知識資源としての近大インデックスの活用と展開」* 宮崎慎也氏(編集工学研究所イノベーション・エンジニアリング事業部事業部長)
14:45 – 15:15 招待講演:*「シソーラスの構築、応用、ビジネス展開」* 国分芳宏氏(元言語工学研究所社長)
15:25 – 15:50 講演についてのフロアーを交えたディスカッション
15:50 – 16:05 ポスター概要発表
16:10 – 17:00 ポスター発表
17:20 – 19:30 懇親会 / 会場近辺

参加費

無料

資料代

  • 会員、学生会員(共催・協賛・後援団体会員含む):無料
    (デジタルアーカイブ学会員は後援団体なので無料です)
  • 非会員:3000円
  • 学生非会員:1500円
  • 資料は情報知識学会誌になります。資料代は当日徴収いたします。
  • 参加申し込みは、10月以降に募集ページを公開いたします。

詳細は情報知識学フォーラムのサイトをご覧ください。

全史協第44回全国 (沖縄) 大会及び研修会 (2018/11/8-9)

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 (全史協) では、第44回全国大会を下記のとおり開催いたします。

全史協第44回全国 (沖縄) 大会及び研修会 (2018/11/8-9)
アーカイブズ再考―その価値と活用―

  1. 期 日 平成 30 年 11 月 8 日(木)・9 日(金)
  2. 主 催 全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)
  3. 共催・特別協力 沖縄県
  4. 後 援 独立行政法人国立公文書館、(公財)沖縄県文化振興会、沖縄県地域史協議会、沖縄県市長会、沖縄県町村会(予定)
  5. 会 場 沖縄県市町村自治会館
  6. 内 容
    1. 大会テーマ研究会
    2. 研修会(視察を含む)
    3. 機関会員・協賛企業展示、ポスターセッション
    4. 大会セレモニー
    5. 交流会
  7. 申込方法 「参加申込方法」(p.8)をご覧いただき、全史料協ウェブサイトのオンライン申込みフォームを利用してお申込みください。オンライン申込みができない場合は、別紙「申込書」にご記入のうえ、大会・研修委員会事務局までメール、FAX 又は郵送にて、お申込みください。
  8. その他 (1)会員相互の親睦を図るため、参加者名簿(氏名・所属[機関名又は都道府県名])を作成します。申込時に名簿掲載の可・否をご記入ください。記入がない場合は掲載しないこととします。なお名簿作成にあたっては個人情報の保護に十分配慮し、その用途を本大会に限定しますので、趣旨をご理解の上、掲載にご協力ください。
    (2)手話通訳等を希望される方は、申込時に通信欄にその旨をご記入ください。

第12回資料保存シンポジウム (2018/10/9)

第12 回資料保存シンポジウム

主催
情報保存研究会
公益社団法人日本図書館協会

  • 日 時:平成30年(2018年)10月9日(火)9:30 開場~18:00 参加無料
  • 場 所:一橋大学一橋講堂中会議場 学術総合センター2階 (東京都千代田区)
  • テーマ:護り継ぐ文化資料 ― 平成から次の時代へ ―
  • 内 容: 第12回資料保存シンポジウムは、「 護り継ぐ文化資料 ― 平成から次の時代へ ― 」というテーマで開催いたします。平成という一つの時代が終わり、新しい年号の時代が始まろうとしています。守り継いできた文化資料と平成で生まれた新たな資料を受け継いでいくことが私たちの使命です。今回は、特別講演の先生方に、現在の資料保存の課題や新しい時代への提言、世界遺産への取り組み、自然災害に対する資料保存などについて、国内のみならず世界の取り組みを織り交ぜながら、お話していただきます。
    また、ご好評をいただいています資料保存実用講座もシンポジウムの後半に設け、資料保存にかかわるさまざまなツールやシステムなどについて、出展企業から総合的にプレゼンテーションさせていただきます。
  • プログラム
    • 【特別講演 10:10~11:00】
      「資料の実物保存に関わる国際的な基準の変遷について」
      一橋大学特別研究員・二松学舎大学非常勤講師 吉川(きっかわ)也志保
    • 【特別講演 11:10~12:00】
      「保存価値と記録価値 ―記述できるもの・できないもの―」長崎歴史文化博物館 館長 水嶋 英治
    • 【特別講演 13:30~14:20】
      「資料保存はデジタル化の波に流されるのか?原本の嘆き!」早稲田大学 文学学術院 非常勤講師 元国立公文書館 有友 至
    • 【資料保存実用講座 14:30~17:00】
      資料保存に携わる会員企業が技術、体験、ノウハウを発表
  • 【申し込み 受付中】
    sympo2018@e-jhk.com
    ①お名前 ②ご所属機関名又は企業名をご記入の上、電子メールでお申し込みください。
    いただいたメールに受付のご案内を送信いたします。

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2018年度第4回公募

「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2018年度第4回募集
NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第4回閲覧期間  2018年12月~2019年2月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○募集締切    2018年9月28日
○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件
応募要項等詳しくは、ホームページをご覧ください。

平成30(2018)年度国立大学図書館協会シンポジウム

平成30(2018)年度国立大学図書館協会シンポジウム実施要項

1.テーマ
大学図書館デジタルアーカイブの活用に向けて

2.趣旨
近年、国内でのデジタルアーカイブに関する動きが活発である。「知的財産推進計画 2015」に基づき、関係省庁等連絡会・実務者協議会において、各種コンテンツのデジタルアーカイブ構築と活用の円滑化に向けた関係機関の取り組みの方向性、さらに各アーカイブ機関が行うべきメタデータの取扱いや利用条件表示が議論された。その成果は、平成29年4月に報告書「我が国におけるデジタルアーカイブ推進の方向性」として公表された。国立国会図書館では「ジャパンサーチ(仮称)」構想の検討が重ねられ、各種コンテンツのオープン化が一気に進もうとしている。
一方、大学図書館においては予算の縮減によって貴重資料の電子化が厳しくなり、既存のアーカイブも十分に活用されていない状況にある。デジタルアーカイブの動きを大きな枠組みで理解するとともに、今後の活用に向けて我々が今何をすべきか考える機会として本シンポジウムを開催する。

3.主催
主催 国立大学図書館協会
後援 大学図書館近畿イニシアティブ
デジタルアーカイブ学会

4.開催日時及び会場
(日時)平成30年10月19日(金) 13時 ~17時 (受付12時30分~)
(会場)神戸大学百年記念館(神大会館)六甲ホール
兵庫県神戸市灘区六甲台町1-1

5.対象
大学図書館関係者及びデジタルアーカイブに関心のある研究者・学生
定員200名

6.参加申込
参加希望者は、下記の申込専用サイトからお申込みください。

平成30年度国立大学図書館協会シンポジウムお申込みフォーム


※申込者にはメールで返信します。先着順で受け付け、定員に達した場合は、申込サイトを閉じることがあります。
※国立大学図書館協会加盟館からの参加を優先させていただく場合があります。
※シンポジウム終了後、希望者による情報交換会を開催します。定員は40名(先着順)、会費は3,000円(予定)です。当日情報交換会会場にてお支払い願います。
○参加申込期限
平成30年9月28日(金)17時
○問合せ先
神戸大学附属図書館(学術資料整備委員会デジタルアーカイブWG 井庭)
E-mail: kobelib-event1[at]lib.kobe-u.ac.jp  (※[at]をアットマークに変更してください)
TEL: 078-803-5313

7.プログラム
12時30分 開場・受付
13時00分 開会
■挨拶 森仁志 (名古屋大学附属図書館長、学術資料整備委員会委員長)
■趣旨説明
北村照夫 (神戸大学附属図書館事務部長)
13時10分
講演1 「デジタルアーカイブ社会の実現に何が必要か?」高野明彦 (国立情報学研究所教授、[内閣府知財戦略本部]デジタルアーカイ ブジャパン実務者検討委員会座長)
講演2 「ジャパンサーチ(仮称)の目指すところ」徳原直子 (国立国会図書館電子情報部電子情報企画課課長補佐)
講演3 「デジタルアーカイブの二次利用促進と著作権」生貝直人 (東洋大学准教授、東京大学客員准教授)
14時40分 休憩
15時00分
事例報告1 「研究における活用:KU-ORCASの現状と今後の展望」内田慶市 (関西大学教授、同アジア・オープン・リサーチセンター「KU-ORCAS」センター長)
事例報告2 「日本語の歴史的典籍のデジタル化とその公開」松原恵 (国文学研究資料館)
事例報告3 「IIIF対応によるデジタルアーカイブの再構築」青柳和仁 (島根大学附属図書館)
事例報告4 「京都大学貴重資料デジタルアーカイブの取り組み」西岡千文 (京都大学附属図書館研究開発室助教)
16時05分 休憩
16時15分 パネルディスカッション ■コーディネーター:
江上敏哲(国際日本文化研究センター)
■パネリスト:
高野明彦(国立情報学研究所)
徳原直子(国立国会図書館)
生貝直人(東洋大学)
内田慶市(関西大学)
青柳和仁(島根大学)
17時00分 閉会
■挨拶 萩原泰治 (神戸大学附属図書館長)

8.関連展示
当日、会場横のホワイエにて、デジタルアーカイブの電子化業務・システム構築・機器開発などを行う企業の展示ブースを設けます。シンポジウムの開始前(12時30分以降)、休憩時間にお立ち寄りください。

9.その他
1)参加費は無料ですが、参加に要する旅費等は、参加者の所属する大学等の負担となります。
2)当日連絡先
神戸大学附属図書館企画係
TEL: 078-803-7315