「京都大学附属図書館所蔵」

SIG「新型コロナウィルス感染症に関するデジタルアーカイブ研究会」

「新型コロナウィルス感染症に関するデジタルアーカイブ研究会

研究会へのお問い合わせはこちらまで

●「日本国内における”個人による”COVID-19に関するアーカイブ活動調査のためのアンケート」を実施します (2020/5/25)

●「日本国内におけるCOVID-19に関するアーカイブ活動調査のためのアンケート」を実施します (2020/5/20)

●「COVID-19に関するアーカイブ活動の呼びかけ」を発表しました (2020/5/10)

  • 活動目的: コロナウィルス (Covid-19) の感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言下において、社会の大きな変化が起こりつつあります。デジタルアーカイブ学会として、このこの事象をしっかり記録し、分析し、研究し、後世に残すことが求められています。このSIGはそのための提言、組織化、実践をおこないます。
  • 主な活動計画:
    • 上記活動目的に沿ったプロジェクトの策定と遂行
    • アーカイブ関係者へのガイドライン作成
    • デジタイルアーカイブ学会研究大会でのセッション開催
    • デジタルアーカイブ学会誌での特集企画
  • 主査: 渡邉英徳 (東京大学大学院情報学環)
  • メンバー (50音順)
    • 岡本真 (アカデミック・リソース・ガイド)
    • 菊池信彦 (関西大学)
    • 北本朝展(国立情報学研究所)
    • 時実象一 (東京大学大学院情報学環)
    • 永崎研宣 (人文情報学研究所)
    • 福島幸宏 (東京大学大学院情報学環)

※図は京都大学附属図書館所蔵

/*
*/