3. 自然史・理工系研究データの活用

デジタルアーカイブ・ベーシックス 3: 自然史・理工系研究データの活用』が出版されました。

紹介
オープンサイエンスや、研究データといったトピックスを交えながら、高等教育
機関、自然史・理工系博物館、研究機関が開発・運用している各種データベース
やWebサイトを紹介し、天文学、生物学、地球惑星科学、環境学など、自然科学
分野における取り組みの事例を一望。
今後の研究の一助となる情報が満載の一冊。

目次

  • 序論 自然史・理工学デジタルアーカイブの今日的意義 井上透(岐阜女子大学)
  • 第1部 研究データの活用にむけて
    1. 科学データのデジタルアーカイブにおける必須条件「オープンデータ」 大
      澤剛士(首都大学東京)
    2. 研究データ利活用の国際的動向―世界の自然史・理工学DA活用 南山泰之(国立情報学研究所)
  • 第2部 自然史・理工学DAの社会的活用
    1. オープンサイエンスと天文学 玉澤春史(京都市立芸術大学/京都大学)
    2. 自然史博物館×デジタルアーカイブ―オープンサイエンスを拓く一例としての魚類写真資料データベース 大西亘(神奈川県立生命の星・地球博物館)
    3. 自然史情報のデジタルアーカイブとその社会的問題への利用―地球規模生物多様性情報機構GBIFの機能とそのデータの利用 細矢剛(国立科学博物館)
    4. 環境学×教育―森の感性情報アーカイブ・サイバーフォレストを用いた環境教育 中村和彦(東京大学)
  • 第3部 自然史・理工系研究データの学際的利用
    1. 南方熊楠データベース―文理統合・双方向型デジタルアーカイブ 岩崎仁(京都工芸繊維大学)
    2. 異分野融合で切り拓く歴史的オーロラ研究―オーロラ4Dプロジェクトの経験から 岩橋清美(国立国文学研究所)
    3. 東京大学工学史料キュレーション事業の展開―工学・情報理工学図書館を実例に 市村櫻子(東京大学)
  • あとがき 中村覚(東京大学)
/*
*/