第1回研究大会

デジタルアーカイブ学会第1回研究大会 (終了しました)
「デジタルアーカイブの拓く未来」

参加記録をお読みください

大西 智裕氏 (『ACROSS』編集部)
数藤 雅彦氏  (五常法律会計事務所)
togetter

写真集はこちら

プログラムはこちら
ポスターをダウンロードしてください

概要

    • 日時 2017/7/22 (土) 10:20 – 16:35
    • 主催 デジタルアーカイブ学会  岐阜女子大学
    • 場所 岐阜女子大学 文化情報研究センター
      • 〒500-8813 岐阜県岐阜市明徳町10 杉山ビル (地図)
      • 名古屋駅より東海道本線(6番線)より快速で20分、岐阜駅より徒歩18分
      • 東京駅からJR岐阜駅まで2時間30分程度
    • 開催趣旨
      • デジタルアーカイブ学会は、21世紀日本のデジタル知識基盤構築のために本年4月15日に生まれました。 関係者の経験と技術を交流・共有し、一層の発展を目指し、人材の育成、技術研究の促進、メタデータを含む標準化に取り組んでいます。
      • さらに、国と自治体、市民、企業の連携、オープンサイエンスの基盤となる公共的デジタルアーカイブの構築、地域のデジタルアーカイブ構築を支援し、これらの諸方策の根幹をなすデジタル知識基盤社会の法制度がいかにあるべきかについても検討をおこなっています。
      • デジタルアーカイブ学会と岐阜女子大学は、デジタルアーカイブ振興を図るため、第1回研究大会を岐阜で開催し、研究者だけでなく博物館、図書館、文書館、国、自治体、企業の実務担当者を繋ぐネットワーク形成を図ります。
    • プログラム
    • 参加費 (予稿集代)
      • 会員 3,000円
      • 非会員 6,000円
      • 昼食弁当代 1,000円
      • 参加お申込みはこちら (締切 7月11日)(満員となりましたので締め切りました。どうもありがとうございました。)
      • 親会 17:00-18:30
        • 参加費 4,000円
    • 参加費等お振込み先
      • 以下の口座に所定の金額をお振込みください。恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います。振込みをした金融機関の振込み明細書をもって領収書といたします。
          • 銀行名:三菱東京UFJ銀行 支店名:本郷支店
          • 種別:普通預金 番号:0235669
          • 名義:デジタルアーカイブガッカイ マエバ ナオコ
        • 2017年7月11日までにお振込みお願いいたします。
        • お振込みは参加者のお名前でお願いいたします。やむを得ずご所属の名義で振り込まれる場合は、メールでご連絡ください。
        • 不参加の場合も参加費等は返金いたしませんので、ご了承ください。
      • 予稿集は当日お渡しします。
      • 企業展示・予稿集広告を募集いたします。お問い合わせください。

      お問い合わせ先

      大会事務局

      研究発表募集

      (締め切りました)

        • 発表は会員に限ります
        • 発表の分野
          1. 制度・政策、著作権、人材育成
          2. 地域活動、図書館、博物館、企業
          3. 新技術、規格、メタデータ、データベース
        • 発表の概要
          •  20分発表、5分質疑応答
          • 演題申込締切 2017/5/7 (金) 演題お申込みはこちら (締め切りました)
          • 予稿原稿締切 2017/5/31 (水) 用意しているテンプレートを使用し、MS Word の完全原稿でこちらから提出してください。(A4: 4ページ以内)
          • 予稿は原則として  Creative Commons (CC-BY) ライセンスにより J-STAGE 上で公開されます。